対策① ストレス解消のためにとにかく走る!

ストレスは頭皮に悪影響を及ぼし、はげる原因になります。それを超(スーパー)わかりやすくご紹介しますね。

  • ストレスを感じる
  • 自律神経が活発になる
  • 血管が収縮する
  • 発汗や血行不良になる
  • 頭皮に悪影響=はげる

まあこんな感じです。
ストレスが原因で薄毛になるということがよくわかると思います。 じゃあ、ストレスを感じないようにタバコを吸おう!なんて言い出す“既はげ(すでにはげている人)”の人がでてくるかとおもいますが、これは超絶NGです。はげに有効なものを食べるで、紹介していますが、タバコはビタミンCなどの髪の毛を生やすために頑張ってくれる成分たちを排出してしまうので、ストレスがあってもタバコはやめましょう! ストレスをなくすというより、血管の収縮を防ぐという事を考えたほうがいいですね。血管させ収縮しなければ、変な発汗や血行不良が起こることはなく、はげることはないということですので、血管の収縮を防ぎましょう。

そして、それに最も適しているのが、走るということです。 ご存知ランニングは有酸素運動。有酸素運動をすることで、新たな血管が作られ血流が良くなるとともに、血管の収縮を防ぎます。さらに、運動はストレス軽減につながるといわれているので、走ることでストレス解消と血管の収縮予防どちらも達成できるということですね。たばこが吸いたくて吸いたくてイライラしれもとにかく我慢!土日や帰社後、大きな声を出しながらとにかく走りましょう!しんどくすぎて、たばこのことなんてすっかり忘れるはず!

ちなみに、薄毛対策のためのランニング。わたしは1ヶ月でだいたい15日ほど、1回につき30分は走っていますね。雨の日は無理せず、雨明けの日は2日連続走ったりしながら月に15回は走るようにしています。ペースはそれほどあげず、有酸素運動をするために走っているので、呼吸をしっかりすることを意識して走っています。